ほまれ接骨院のスタッフブログ

2020年4月29日 水曜日

靴の参考に 大府 東浦 共和 スポーツ専科ほまれ接骨院

こんにちは。院長の秋葉です。
今日は白靴のお話。中学生の子たちは基本的に白靴をはいて体育や部活をします。これがなかなかの問題。
白靴は基本的に靴の機能としては低いです!靴の機能とは、シャンクやヒールカウンターの機能の事をいいます。簡単に言えば靴がグニャグニャに柔らかい!その柔らかさが問題!どう問題か?は、また後日!
また、平成生まれの子どもたちの足のサイズは(横幅)1EやDの子どもたちがいっぱいいます。最近、測った子どもでAという子どももいました。足のサイズは測ってみないとわかりません!日本人は幅広甲高は昭和の思い込みです!今は令和です!ちなみにサイズ(横幅)はA、B、C、D、E、EE、EEE、EEEE、Fとなります。
2Eや3Eのサイズの子どもたちは幸いなことに靴が選べれますが横幅の細い子どもたちはなかなか選べれないのが現状です。 
また、足が大きくなるからといって、かなり大きい靴を履くのも問題になります。基本的に靴はジャストサイズで履くことが大切になります。メディアや様々なところではジャストサイズではなく大きい靴を履くことを推奨されることが多いですがどうなんでしょうね...患者さんで来る人たちは、基本的に大きい靴を履いて足や膝などにトラブルを作ってくることがほとんどです。
過剰に大きい靴は足踏ん張りを増やし足の負担、特に足底やふくらはぎの負担を増やします。負担が増えることで、アキレス腱炎様の症状や足底腱膜炎、セーバー病の症状、腰痛、膝痛と様々な症状を引き起こします。

中学生の靴はジャストサイズでない限り、基本的に足が大きくなって使えなくなるより先に靴が壊れることがほとんどです。
そんな足のトラブルや靴でお悩みの方は↓↓↓

お電話はどちらでも構いません!まずはご連絡を‼




スポーツ専科 ほまれ接骨院
〒474-0025
愛知県大府市中央町6-74-1
今すぐお電話を!
(予約優先制)
0562-85-2782

治療受付時間  月・水・木・金 13:00~21:00
               火・土         9:00~12:30
       定休日 :  日・祝




RISE BOX

ランナー ウォーカー登山愛好家専門スペース スポーツ障害やフットケア、シューズ選びや
インソール作成 身体のバランス調整

受付時間 火、水、金曜日 13~20:30
          土曜日 9:00~12:00
予約優先制
0562-57-7110





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30