ほまれ接骨院のスタッフブログ

2019年10月24日 木曜日

運動の方法はどうする? 大府 東浦 緑区 スポーツ専科ほまれ接骨院

こんにちは!院長のアキバです。

今日は先日行ってきたセミナーのお話ー。
先日関東の理学療法士でPTNEXT取締役、財前知典先生の講義を受講してきました。
こちらの先生、数多くの著名人を見られております!歌舞伎役者や世界的ゴルファー等。まーすごい!

 セミナータイトルは「体幹と下肢の評価と運動療法~運動連鎖を基盤として」
簡単に言うと動きやすい体を作るにはどうしたらいいのか?どのような運動を行うことが良いのか?を学びに行ってきました!

 数年前から、TVやインターネットで手軽に情報が得れる今です。膝や腰等の痛みに対してこんな体操をしましょうとの情報もいっぱいあります。
それらの体操をして痛みが取れたなら最高ですが、最悪なのは痛みの増加です。膝や腰にいいからやったのに痛みが強くなるのって?なんでって思いませんか?
(痛めたばっかりの急性期の時は、体操したら悪くなる事が多いので体操等はやらないでください。近くの医療機関に受診か、最低でも
安静にしてください)
体操をして痛みが強くなるのは、人それぞれが持つ動き方があり個性があります。その個性にはタイプがあり、たとえば、膝の痛みによく行うのが膝の前側のももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛えましょうと、それを行ってよくなる人は膝の前側の筋肉を使う事で関節が安定するタイプの人です。もも前筋を使うと痛み強くなったり、動きが不安定になるタイプの人もいます。そんな人はもも裏筋が使うことで痛みが緩和したり、動きが安定してきます。逆のことをするから悪くなるのでは?と思うかもしれませんがそんなこともないんです!そんな面白いセミナーでした!

 今回のセミナーで、人それぞれが持つ個性を見つけその人その人に合った体操を見つける NーEX(ニュートラル モーションエクササイズ)
を体感、学ばせていただきました!
 自己流で体操してるがやると痛くなる痛みが変わらない人は↓↓↓↓↓



スポーツ専科 ほまれ接骨院
〒474-0025
愛知県大府市中央町6-74-1
今すぐお電話を!
(予約優先制)
0562-85-2782
治療受付時間  月・水・木・金 13:00~21:00
               火・土         9:00~12:30
       定休日 :  日・祝

http://www.jiko-homare.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30