ほまれ接骨院のスタッフブログ

2015年12月29日 火曜日

今年の診療終了! 手の痛み、タンバリンのけがは大府市の当接骨院へ

pic20151229143524_1.jpg

pic20151229143524_2.jpg

今年の診療が終わりました!

今年もいろいろありがとうございました!

みなさまのおかげでなんとか無事終わることができました!

また来年もよろしくお願いいたします!

院長中本は先日勉強会が富山であったので行ってきました!

雪もぱらつきむちゃくちゃ寒かったです…

土曜日に懇親会に行ったのですが、一次会、二次会と飲んで食べて、三次会でカラオケ行ってまいりました。
いやー、楽しかったです。

次の日朝二日酔い気味で会場へ向かったのですが、トイレに行って手を洗ったときに違和感…

左手母子球に青あざとそれぞれの指の付け根が触ると痛い…

きのう相当酔っ払ったので転んだかな…とか
何かに感染…?!とかいっろいろ考えましたが答えが出ず…
不安になるだけ…

先輩の理学療法士の方にこれなんだと思います?と尋ねました。

すぐに答えが出ました!

『きのうのカラオケのタンバリンじゃない?』

あ…
さすがです!

そうなんです、きのうのカラオケは柄にもなくむちゃくちゃはしゃいでタンバリン叩きまくったんだった…

いい音だそうとしかも骨のとこで見事に叩いてたの思い出しました!

青あざの理由が分かると心も落ち着く。

原因が分かるって大事ですね!

みなさんも忘年会、新年会が続くと思いますが、タンバリンには注意してください!笑

三日経ちましたが、まだぼくは治ってません…


ではでは、広島へと帰ります。

帰省の予定、全部飲みの予定詰まってます!

自分で内臓の調整が必要そうです…

みなさま、よいお年をお迎え下さいね

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年12月28日 月曜日

年末年始のお知らせ。大府市ほまれ接骨院

pic20151228191051_1.jpg

pic20151228191051_2.jpg

年末年始のお知らせです。

明日12/29(火)午前
で年内最後になります。


12/30(水)-1/3(日)はお休みさせていただきます。


1/4(月)から年始スタートになります。

よろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年12月25日 金曜日

受付時間外のテーピング処置。ほまれ接骨院

pic20151225214507_1.jpg

こんばんはー。
メリークリスマス

スタバの今年最後の新作ドリンク(チョコレートケーキ)気になりますねぇ。
明日からですよ!

今日はクリスマス。
患者さんからケーキ、ゼリー、チョコレートなど沢山差し入れを頂きました。

お心遣いありがとうございますm(__)m

受付時間外のテーピング処置など時間が合えば対応いたしますので、お困りの方一度当院へお電話下さい。

0562-85-2782

ほまれ接骨院

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年12月22日 火曜日

便秘に効くものは? 便秘やお腹の不調、頭痛改善は大府市のほまれ接骨院へ

pic20151222001117_1.jpg

pic20151222001117_2.jpg

どんなものが便秘にはいいのでしょう?

便が硬いとますます出にくくなるので、こまめに水分をとることやオリゴ糖やマグネシウム製剤を取ることも改善のきっかけになります。

オリゴ糖は、ほとんど消化、吸収されずに大腸に達して水分を保持するので便を柔らかくしてくれます。

またオリゴ糖から分解された乳酸や酪酸は、腸の運動を促進する作用もあります。

マグネシウム製剤にも便を柔らかくする作用がありますが、取りすぎると中毒症状が出ることがあります。

そのため、欧米ではほとんど使用されていません。

ただ、これにはヨーロッパの水は硬水でミネラルが豊富ということもあるでしょう。

つまりヨーロッパの人たちは、水を飲むことで自然と必要量をとっているのではないでしょうか。

その点、日本の水はミネラルの少ない軟水なのでヨーロッパ人のようにはいきません。

なので、腎臓の機能や内服量に注意すればマグネシウム製剤の服用は問題ないようです。

使用してみたい方は、かかりつけのお医者さんとよく相談してみてくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年12月21日 月曜日

2.痙攣性便秘について 便秘、お腹の不調、頭痛改善は大府市の当院へ

pic20151221235606_1.jpg

今回は腸が痙攣することによって起こる『痙攣性便秘』について。

ストレスによるおなかの問題というと、「下痢」を思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、ストレスで便秘になることもあります。

緊張などあると腸の一部がギュッギュッと痙攣してしまう人がいます。

これが日常的に起こっているのが『痙攣性便秘』です。

腸が痙攣していると、そこで便が詰まりやすくなってしまいます。

たまに出ても、うさぎの糞みたいに小さくコロコロと硬い便になっていることも痙攣性便秘の特徴です。

ちなみに、ストレスによって腸がギューッと絞り出すように痙攣する場合は、下痢になります。
いわゆる過敏性腸症候群下痢型の症状です。
ストレスが原因のお腹問題でも、腸に現れる症状によって、下痢になる人と便秘になる人に分かれると言うことです。

週末や実家に帰ったときなど、気持ちがリラックスしているときは、良い便が出ることが多いとしたら、まず間違いないでしょう。

下痢は、下痢が止めば治ったと思えるので、改善がわかりやすいです。

しかし、出たりでなかったりの便秘は、どこからが改善と言えるのかが少しわかりにくいのです。

だからストレスが原因だとわかった途端にすっきり、と言うわけにはいかないようなのです。

ですから、痙攣性便秘の対処法としては、やはり元凶であるストレスとうまく付き合うことが1番です。

お腹は気持ちに左右されるということを十分、認識することが重要といえます。

また運動をして便を出やすくすることも有効です。

運動をしていい意味で疲れる事はストレス解消にもなるということです。

また便秘に効果的なものも紹介しますね
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30