ほまれ接骨院のスタッフブログ

2017年10月29日 日曜日

痛っ!足首捻った!どこを痛めた?大府市スポーツ専科 ほまれ接骨院

先日〜。

以前から来ていただいている患者さんの娘さんが足首を捻ったということで来られました。

確認してみると確かに足首の捻挫。

じゃあ、ここで問題なのはどこを痛めているか。

一口に足首の捻挫を言っても、足首を何かの拍子に捻れば全て足首の捻挫。

で、足首の場合、実際に足首周囲ので起こっている部位は数多くあります。

足首を捻って。。。。

骨が折れる・欠ける    

靭帯が切れる・傷つく

軟骨が傷つく・欠ける

筋肉や腱が切れる・伸ばす・傷つく

などなど。

足首の捻挫と言っても、実際には中で起こっている組織損傷は様々です。

今回来ていただいた子が一応エコーで確認。

まだまだ小さいお子さんなので、エコーではわかりにくく。。。

でも、骨の上を押すとしっかり痛がる。。。

折れてる?

でも、意外とあまり痛がらずに歩く。。。

んー、わからん。

ということで、近くの病院でレントゲンで確認。

結果は2箇所の骨折と言うことでした。

あんなに歩けるのに。。。

これは大人でも子どもでもいろんな方がいますが、痛みに敏感な方とそうでない方。

また、痛みの感じ方もその日の体調などで変化するので、そんな痛そうでないからといって、軽視すると重大な損傷を見逃す可能性があるので注意が必要です。

ということで、今回は足首の捻挫でも、足首の中ではいろんなことが起こる可能性があるよ。

です!





ほまれ接骨院
〒474-0025
愛知県大府市中央町6-74-1
今すぐお電話を!
(予約優先制)

⬇️⬇️⬇️
0562-85-2782

治療受付時間  月・水・木・金 13:00~21:00
                        火・土         9:00~12:30
       定休日 :  日・祝
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月27日 金曜日

洗顔した時に痛っ!ぎっくり腰の正体!?スポーツ専科 ほまれ接骨院

今日は運命のドラフト会議でしたね。

注目の清宮くんは日本ハム。

若手育成とメジャー放出に寛容な日本ハムは清宮くんにはぴったりかも。。。

広島広陵の中村くんは広島東洋カープ。

中村くんにはぜひ地元で活躍して、地元に愛される選手になってほしいと思っていたので、安心しました。

さて今日はこんなクライアントさんの質問から。

「ねえ、先生。昨日の夜に顔を洗おうとしたら、腰がビキっと痛くなったんだよねー。これってぎっくり腰?ぎっくり腰って結局どこを痛めてるの?」

こんなことを聞かれました。

実はこれ、臨床の現場では非常に多い質問のひとつです。

この質問に対して、わたしはいつもこう答えます。

「体を動かした何かのひょうしに腰が痛くなるのがぎっくり腰」

ぎっくり腰は世間一般的な通称で正式には急性腰痛症と言います

ただこれはあくまで急に起こった腰の痛みの総称

例えるならば医学会で有名なのはインフルエンザ

インフルエンザにかかった!

となってもその型は大きく分けてA・B・C型

さらにその中でも香港型やソ連型など細かく分けられ、A型なんて100種類以上あります。

つまりぎっくり腰もそうです。

腰の中の痛みの原因は関節の痛み、筋肉の痛み、椎間板の痛み、軟骨の痛みなど、これまた様々です。

ということは一口にぎっくり腰と言っても、それそれ中で起こっている状態が違うため、それぞれに違う治療法が必要になります。

もしぎっくり腰で、腰の中で起こっていることが必ず一緒だったら一つの治療法をすればいいだけですもんね。

でも、世の中にはぎっくりの腰の治療法が数多くあります。

これまたそれぞれの痛みの原因に対して治療するためですね。

当院ではぎっくり腰の方がきたら、どこがどのように痛いかなどの評価をまず行い、どこが悪さをある程度特定した上で治療にあたります。





ほまれ接骨院
〒474-0025
愛知県大府市中央町6-74-1
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0562-85-2782

治療受付時間  月・水・木・金 13:00~21:00
                        火・土         9:00~12:30
       定休日 :  日・祝


このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月25日 水曜日

リハビリはスポーツトレーナーにお任せ!スポーツ専科 ほまれ接骨院

先日〜。

うちの高倉先生が〜。

ATの研修に行ってきました。

あ、ATとは。。。

アスレティック・トレーナー

の略です。

国家資格ではありませんが日本体育協会が主催している資格です。

最近、国体では競技によってはこのATの資格が必要になってきてるものもあります。

では、このATという資格の主な役割とは。。。

言葉で言うと「アスレティック・リハビリテーション」

通称「アスリハ」

つまり、怪我後の選手を競技復帰までのメニューを組んだりすることを主とします。

筋トレメニューを組むのはもちろん。

他には、競技前のテーピングやウォーミングアップやクールダウンを担当したりもします。

これらの内容を当ほまれ接骨院では行っています。

まずは怪我をした方の身体を評価して、なぜ怪我にいたったかを判断し、それをその方にあった筋トレメニューに導くこともします。

さらに競技復帰に当たって、まずはジョギングを何分でどれくらいのスピードで。

他にはステップ系のメニューを組んだり、こんな体操をしようとか、こんなストレッチをしようとなどと指導したりもします。

もちろん、そんな競技復帰の中でテーピングも一つの武器になります。

当院では多くの種類のテーピングをクライアントにします。

固定のテーピングはもちろん。

関節を固定しなしない機能的テーピングをしたりもします。

機能的テーピングとは、関節を固定せずに骨の傾きをその方にとって良い方向を探し誘導して、痛みを軽減させたりします。

この機能的なテーピングは関節の動きを止めることはしないので、いろんな動きを行う競技の邪魔をすることはありません。

ATではこれらの内容を幅広く学びます。

もちろん緊急的な蘇生法も学びますし、処置も学びます。

そんな今回の講習会では。。。

な・ん・と

わたくしの大好きな友人の〜

富山の〜

トガちゃん!



と高倉先生は一緒に学んでいるようです。

さらに土曜日には、わたくしのシューズフィッティングセミナーの懇親会にもわざわざ来てくれました。

あ、今回のATの講習会は阿久比のスポーツ医科学研究所で行われていたのです。

約1年ぶりの会いました。

トガちゃん。

やっぱり良い男です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月 8日 日曜日

ふくらはぎの肉離れに湿布。太陽に注意!スポーツ専科 ほまれ接骨院

ホマレです。

今日はふくらはぎの肉離れ女子の話〜。

この方はインディアカという競技をしております。

バドミントンのシャトルを大きくしたものをバレーボールみたいな感じで行う競技です。

肉離れをしたのは3日前。

当院に来院するまでの間にとりあえず湿布を貼っていたとのこと。

その間に息子さんの野球の試合の送迎と応援を外でしていたそうです。

しかも湿布をふくらはぎに貼って暑かったといってハーフパンツを履いていたそうです。

先週末は10月なのにすっごい暑かったですもんねー。

で、そのまま家に帰ってきて、湿布を貼ってある患部がなんだかヒリヒリするなぁと思って湿布を剥がしてみたら・・・

なんと!

こんな事に!



まあ大変っ!!

そうなんです。

湿布の上から紫外線をもろに浴びるとこうなるんです!

全ての方がこうなるとは言えませんが、意外とこうなる事を知らない方が多いんです。

肉離れに湿布がどこまで効果があるかということは置いといて、湿布を貼ったままで太陽を浴びるとでここまで皮膚がやられてしまうかもしれないということを覚えていただければと思います。




ほまれ接骨院
〒474-0025
愛知県大府市中央町6-74-1
今すぐお電話を!
⬇️⬇️⬇️
0562-85-2782

治療受付時間  月・水・木・金 13:00~21:00
                        火・土         9:00~12:30
       定休日 :  日・祝
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31