ほまれ接骨院のスタッフブログ

2017年10月25日 水曜日

リハビリはスポーツトレーナーにお任せ!スポーツ専科 ほまれ接骨院

先日〜。

うちの高倉先生が〜。

ATの研修に行ってきました。

あ、ATとは。。。

アスレティック・トレーナー

の略です。

国家資格ではありませんが日本体育協会が主催している資格です。

最近、国体では競技によってはこのATの資格が必要になってきてるものもあります。

では、このATという資格の主な役割とは。。。

言葉で言うと「アスレティック・リハビリテーション」

通称「アスリハ」

つまり、怪我後の選手を競技復帰までのメニューを組んだりすることを主とします。

筋トレメニューを組むのはもちろん。

他には、競技前のテーピングやウォーミングアップやクールダウンを担当したりもします。

これらの内容を当ほまれ接骨院では行っています。

まずは怪我をした方の身体を評価して、なぜ怪我にいたったかを判断し、それをその方にあった筋トレメニューに導くこともします。

さらに競技復帰に当たって、まずはジョギングを何分でどれくらいのスピードで。

他にはステップ系のメニューを組んだり、こんな体操をしようとか、こんなストレッチをしようとなどと指導したりもします。

もちろん、そんな競技復帰の中でテーピングも一つの武器になります。

当院では多くの種類のテーピングをクライアントにします。

固定のテーピングはもちろん。

関節を固定しなしない機能的テーピングをしたりもします。

機能的テーピングとは、関節を固定せずに骨の傾きをその方にとって良い方向を探し誘導して、痛みを軽減させたりします。

この機能的なテーピングは関節の動きを止めることはしないので、いろんな動きを行う競技の邪魔をすることはありません。

ATではこれらの内容を幅広く学びます。

もちろん緊急的な蘇生法も学びますし、処置も学びます。

そんな今回の講習会では。。。

な・ん・と

わたくしの大好きな友人の〜

富山の〜

トガちゃん!



と高倉先生は一緒に学んでいるようです。

さらに土曜日には、わたくしのシューズフィッティングセミナーの懇親会にもわざわざ来てくれました。

あ、今回のATの講習会は阿久比のスポーツ医科学研究所で行われていたのです。

約1年ぶりの会いました。

トガちゃん。

やっぱり良い男です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30