ほまれ接骨院のスタッフブログ

2017年12月17日 日曜日

オスグットと外脛骨の痛みにインソール!スポーツ専科ほまれ接骨院

昨日はサッカーdayでしたね。

東アジア選手権の日本代表の試合に始まり。

クラブW杯の3位決定戦と決勝戦。

代表の試合はちょっと。。。

ひどいといか。。。

情けないというか。。。

とにかくこんなに何にもできない日本代表を本当に久しぶりに見ました。

しかも相手は同じアジアの韓国に。

まあ、いいです。

とにかくW杯本番で結果を出してくれればいいですから。

そしてクラブW杯の3位決定戦の観戦。

本田が出るかと楽しみにしてましたが、予想通り膝の怪我の影響で最後まで出場しませんでした。

本当に本田は移籍するんでしょうか?

今後の動向に注目です。

そしてついに決勝。

レアル対グレミオ

結果はクリロナのフリーキックの1点のみで1−0でレアルの優勝。

しかもミスキックで相手の壁の間をたまたますり抜けて。

試合は予想通りレアルが圧倒。

グレミオは疲れていたのか、チームとしても、エースのルアンも低調子。

個人的には、グレミオのセンターバックのジェロメウと、レアルの10番の今季から背負うモドリッチに注目していました。

2人とも素晴らしい活躍を見せてくれたので、試合を見ていた私は大満足でした。

こんなところで活躍してくれる選手になれる可能性を持つサッカー少年が当院にも多く来院します。

最近来院するサッカー少年の多くは成長痛の一つであるオスグットや有痛性外脛骨の痛みを持っています。

今日紹介する少年はこの子が生まれる前からお父さんとお母さんとの付き合いがあります。

もう約20年くらいですかね。

小学6年生この子はサッカーを週6回こなしており、オスグットも有痛性外脛骨も持っています。

何年か前に外脛骨とオスグットの痛みで来た時にスパイクを提案し、インソールを作りました。

その時はこのスパイクとインソールだけで有痛性外脛骨とオスグットの痛みは無くなりました。

で、そこから約2年経ち、身体が成長し、もちろん足も大きくなりスパイクも1年で約3足買い変えて来たそうです。

もちろんインソールのサイズも合わなくなり、インソールを入れてない状態でサッカーをすること約1年。

最近だんだんまた有痛性外脛骨が痛くなってきたとのことで来院しました。

彼が言うには、なんだかちょっと外脛骨も突出してきたとのこと。

見てみると確かに飛び出ている気が。。。

ということで、もう一度スパイクを新調して、インソールも再評価をして作り直しました。

今回は踵上げやケンケンで痛みが出せる状態だったので、評価はその痛みを減らす方向に導くこと約30分。

評価の段階で踵上げとケンケンでは無痛にすることができました。

とにかく、このオスグットと有痛性外脛骨の痛みはこの年代に非常に多く存在します。

この痛みに悩ませられる子は、みんななるべくしてなります。

それらの原因はちゃんと排除されれば痛みや軽減もしくは無くなります。

その多くは履物とインソールで対応できるものです。

こんな子達は将来日の丸のユニフォームを着て、日本の代表として世界で戦っていくことを心から祈っております。






〜スポーツ専科〜 ほまれ接骨院
〒474-0025
愛知県大府市中央町6-74-1
今すぐお電話を!
(予約優先制)
⬇️⬇️⬇️
0562-85-2782

治療受付時間  月・水・木・金 13:00~21:00
                        火・土         9:00~12:30
       定休日 :  日・祝

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30