ほまれ接骨院のスタッフブログ

2016年1月26日 火曜日

3、弛緩性便秘とは?① 便秘、体の不調は大府市当院へお任せを

pic20160126115354_1.jpg

今日は便秘の種類、3つ目の説明です

『弛緩性便秘』(しかんせいべんぴ)

「とにかく便秘を何とか解消したい!!」
という方で多いのは、市販の下剤を使っていることです。

生理前や旅行先ででにくくなるなと、一時的な急性の便秘には、確かに下剤は有効です。

しかし、慢性的な便秘の人が下剤を常用するのはいけません。

【下剤の使いすぎが、かえって便秘を悪化させてしまう】のです。

下剤を常用していると、大腸が次第に疲れて本来の機能を失っていってしまうのです。

腸が疲れて動かなくなるので、薬の量を増やしてまた無理やり大腸を動かし、疲れ…
この悪循環です…

そして、薬の量を増やしても効かなくなってしまうのが『弛緩性便秘』なのです!

ちょっと長くなりそうなので、また分けてお話しますね。

今回はここまで〜


画像は
大府のゆるキャラ、おぶちゃん
(公式ホームページより転載)
ゆるゆるということで…笑

自律神経&内臓調整メニュー
頭痛改善、おなか改善、更年期障害改善は当接骨院へ
大府市 ほまれ接骨院
0562-85-2782
こちらのメニューは完全予約制です
日にち、時間のご確認はお電話お願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30