ほまれ接骨院のスタッフブログ

2019年1月26日 土曜日

走って痛い‼ 大府市 東海市 スポーツ専科ほまれ接骨院

あきばです。

最近、ちょこちょこと痛みを訴えてこられるシンスプリントについて‼



シンスプリント。

日本語は脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)と言われることが多いです。

ほかにもいろんな病名がついてますが、こう呼ばれることが多いです。

足のスネにある太い骨を脛骨と呼びます。
 


その脛骨の骨膜(骨の中と外の栄養のやりとりをするための重要な膜)に何らかの原因でストレスがかかり続けてその骨膜自体が炎症をおこします。

この骨膜には痛みを感じる細胞が多くあるので、痛みを感じやすく、ひどいと歩けなくなるくらい痛みがでます。

そしてその発生メカニズムがはっきり解明されてません。

ヒラメ筋や後脛骨筋が引っ張られていたみが出る人や、靴が大きくて足が中で動いていて筋肉が頑張っている人がいたり、様々なバリエーションがあります。
痛みを感じる場所はこの周囲



多くの本ではこの脛骨近くの・・・・

上の方の痛みを跳躍型。

下の方の痛みを疾走型。







跳躍型はバスケットやバレーボールなどのジャンプすることが多い競技に発生しやすいことから、そう言われます。

疾走型は陸上長距離やサッカーなどの走ることが多い競技に発生しやすいことから、そう言われます。

でも、一概にそうは言えませんので、あくまで目安です。

さらにこのシンスプリントが、さらに悪化していくと疲労骨折につながると言う説もあります。

もちろん、このシンスプリントと疲労骨折は全くの別物と言う説もあります。

それくらい、シンスプリントの症状が重くなると、疲労骨折の症状と似てきます。

さらに、問題なのは、疲労骨折の初期の場合はレントゲン写真には、写らないこともあります。。

MRIなどの詳しい検査でないと分からない場合もあります。

そして、もし我慢し続けて、ボッキリと疲労骨折してしまったら?

競技復帰は最低でも3ヶ月はかかります。

なのでそうならないためには、走ったり、飛んだりしていて痛みを感じ、それが二日も三日も続くようならすぐにお電話を‼ 









〜スポーツ専科〜 ほまれ接骨院
〒474-0025
愛知県大府市中央町6-74-1
今すぐお電話を!
(予約優先制)
⬇️⬇️⬇️
0562-85-2782
治療受付時間  月・水・木・金 13:00~21:00
                        火・土         9:00~12:30
       定休日 :  日・祝(治療受付







このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31