ほまれ接骨院のスタッフブログ

2017年11月30日 木曜日

バレーボールでモモ裏(ハム)の肉離れ!スポーツ専科 ほまれ接骨院

先日〜。

ママさんバレーボール大会の大会トレーナーをしてきました〜。



場所は久しぶりの大府市民体育館。

この体育館はしばらくの間、改修工事をしておりましたので。。。

ということで、試合前に痛いところのある人ー。

と、集合をかけたところ、集まること6人。

みなさん痛みに不安を抱えながらプレーをしているとのこと。

膝の痛み。

肩の痛み。

ふくらはぎの痛み。

指の痛み。

足の裏の痛み。

まあ、人それぞれに合わせてテーピングなどの処置をしました。

さあ、これで試合開始。

試合が始まっちゃえば、けが人が出ない限り、試合中は暇にないます。

そうです。

大会トレーナーは暇な方がいいんです。

しか〜〜〜し。

今回はそんなに暇じゃありませんでした。

ふくらはぎはつった〜。

突き指した〜。

で、とどめにモモ裏痛ーーい。

なんでも、レシーブしようと足を大きく横に踏み出した時にもも裏がプチっといったみたい。

そうです。

いわゆるハムの肉離れ。

いろいろ評価をしてみるとそこまで重症度が高くなさそう。

でもでも歩くのは痛い。

ということで、ここは基本に忠実に。

冷やす。

圧迫。

そして挙上。

まずはこれ。

これを30分やって、1時間放置。

を大会が終わるまで2セットやってもらい。

あとはテーピング&圧迫で帰ってもらいました。

そして家では湯船に浸からないように。

さらに安静を指示。

単純ですが、この基本がいかに怪我してすぐにできるかが非常に重要なんです。

次の日に接骨院に来てもらいましたが、もう普通に歩いてましたもんね。

わたくしかれこれトレーナーを20年やっております。

そして、この怪我をしてすぐにこれらができるか、できないのかの差を嫌というほど味わってきました。

さらにわたくし自身、專門学生時代に2回骨折をしておりますので、自分自身でも実体験済みです。

やっぱり怪我してからすぐに処置ができる環境が必要と考えます。

もちろん理想は全ての競技の大会にトレーナーが帯同していることですが。。。

まあ、これはあくまで理想として。。。

まずは、わたくしにできることをできるだけやる。

ただ、それだけです。



ほまれ接骨院
〒474-0025
愛知県大府市中央町6-74-1
今すぐお電話を!
(予約優先制)
⬇️⬇️⬇️
0562-85-2782

治療受付時間  月・水・木・金 13:00~21:00
                        火・土         9:00~12:30
       定休日 :  日・祝

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30