ほまれ接骨院のスタッフブログ

2017年9月25日 月曜日

フォアハンドで痛いテニス肘! スポーツ専科 ほまれ接骨院

ホマレです。

今日はテニス女子の患者さんの話。

この方はもうかれこれ半年以上前からテニスをしていると右肘の外側が痛かったそうです。

で、今回来院された理由は。。。

その少し肘の外側が痛い状態でず〜〜〜〜とテニスを続けていて、つい4日前もいつものようにテニスをしていた時にフォアハンドを強く打った瞬間!

「痛っ!」

同じ右肘の内側に痛みが走ったそうです。

で、外側も痛い。

さらに内側も痛い。

で、やっと来院されました。

実際に肘を見てみるとなかなか腫れてる。。。

筋肉もパンパン。

そうです。

一般的なテニス肘って、肘の外側の痛み。

でもテニスで肘を痛めれば、内側を痛めようと「テニス肘」となるでしょう。

野球肘もそう。

一般的な野球肘は肘の内側の痛み。

でも野球をやってて、肘の外側が痛くなること(ちょっとやばいパターンかも)もあるんです。

そしてこれも野球肘。

つまりその競技をやってる特有の痛みで発症率の高いものはその競技の名前がつくことが多いんです。

テニスレッグ

ゴルファー骨折

フットボーラーズアンクル

ランナー膝

リトルリーガーズショルダー

などなど

とにかく、今回はテニスで肘の内側が出てもテニス肘と呼ばれることもあります。

諸説ありますが。。。

まあ、今回はそこまで大きな組織の損傷はないようなので一安心でしたが。

それでも、先に肘の外側に痛みを感じた時点で治療にかかればこんなことにはならなかったかもですねー。






このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30