ほまれ接骨院のスタッフブログ

2017年9月22日 金曜日

ママさんバレーのすねの外側の痛み(腓骨筋腱炎)大府市ほまれ接骨院

今日はママさんバレーの方のお話。

当院ではママさんバレーの患者さんが多くみえます。

まあ、大府市内の大会ごとにトレーナーをしているのもあるんでしょうが。

今回はそんなママさんバレーが右すねの外側が痛いとのこと。

場所は腓骨筋腱というすねの外側にある筋肉の腱の痛み。

バレーボールのジャンプをする時に特に痛いということなので、その場で片足ケンケンえおしてもらうとやっぱり痛い。

ここで、足首や膝の動き方を確認して、患部のみの治療も一つ。

でももしかしたら違うところから負担がかかっているかもしれない。。。

もちろん患部の治療も治療の一つではあります。

とりあえず歩き方を確認すると、右足が地面に接地した時に右足のすねが外側に倒れ、上半身もやや右に倒れる傾向がある。

ということは、上半身は下半身より重いのですねの外側に負担がかかる。

これが痛みの原因の一つかもしれない。。。

ということで、歩き方を確認しながら右足のすねと上半身が右方向に倒れない方向に誘導してあげると、片足ケンケンでの痛みがほぼ消失。

で、この方向に誘導するテーピングの仕方を指導して、バレーボールをやってもらいました。

練習の最後の方に少し痛みがでたということなので、もう少し治療が必要になるとは思いますが、まずは足元からということで靴のフィッティングや紐も締め方などから指導させていただきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30