ほまれ接骨院のスタッフブログ

2017年9月19日 火曜日

有痛性外脛骨・種子骨炎に固定しないテーピング!大府市ほまれ接骨院

先週末はテーピングのセミナーを開催しました。

場所は刈谷市ライズボックスでした。

人数が少なかったもので。。。

わたくし出来るだけセミナーは少人数で行いたいです。

人数が多いほどなかなか伝えるものが伝わりにくくなりますからね。

今回は6人で行いました。

2人でやることもあります。

とにかーーーくっ!

今回のテーピングのメインは固定しないテーピング。

そうです。

テーピングの役割や使い方は固定が全てではありません。

その代表はキネシオテーピングや、福井勉先生の皮膚テーピングですね。

今回わたくしがご指導させていただいたのは、足部周囲のテーピング。

足首から下には26個の骨があります。

それらの骨の位置が微妙に「ズレ」が起きてしまうことでいろんな痛みが出たりします。

足首の捻挫後になかなか痛みが取れないものは、この微妙な「ズレ」が原因であることもあります。

これらの微妙なズレをテーピングでコントロールすることができれば。。。。

そうです!

痛みがなくなったり、軽減したりします。

今回はそんなテーピングをセミナーで伝えてきました。

ただ巻き方を伝えるのではなく、評価をして確認してテープを巻いて、また最初の評価が正しいかの確認の繰り返し。

そして、正しいと思う方向の逆方向にあえてテーピングを貼ってみて本当に動かしにくいのかも確認します。

それで初めて効果のあるテーピングが貼れます。

意味のないテーピングなんて1本もありません。





これらのテーピングは有痛性外脛骨や足底筋膜炎、種子骨炎などの足部周囲の痛みには大きな効果をもたらします。

さらに足首捻挫後すぐに巻く固定目的のテーピングやギブスのさらに下に、これらのテーピングを貼ることで痛みの軽減期間が劇的に早くなります。

そうです。

このテーピングは応用範囲が非常に広いんです。

もちろん普段の臨床でもこのテーピングはよく使います。

ということで、セミナーの後は楽しい懇親会。

今回は先輩も来てくれたんで、楽しい話がたくさんできました。





ほまれ接骨院
〒474-0025
愛知県大府市中央町6-74-1
今すぐお電話を!(予約優先制)
⬇️⬇️⬇️
0562-85-2782

治療受付時間  月・水・木・金 13:00~21:00
                        火・土         9:00~12:30
       定休日 :  日・祝

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30