ほまれ接骨院のスタッフブログ

2015年4月 1日 水曜日

怪我から早期復帰するために!テーピングでサポート!ほまれ接骨院

こんにちは!

今日はスポーツ選手にとっても多い肉離れの治療についてです。

この肉離れ、特に多いのはふくらはぎです。

別名「テニスレッグ」とも呼ばれています。

テニスプレー中に多く起こる事からこう呼ばれています。

テニス以外でも、走る・飛ぶ・跳ねる・ステップなどの瞬発動作の時にふくらはぎの筋肉が強く引き伸ばされる事で、筋肉や筋膜を損傷します。

最重度になると、筋肉の断裂が起こります。↓



皮下出血もバンバン。

断裂部も触知でき、歩行もままならない状態になっちゃいます。

とにかく、肉離れをした直後も大事なのは以前お話しした「RICES」!

応急処置がしっかりしていると治りが断然違いますよ〜。

さて、肉離れに対してのほまれ接骨院での治療ですが、まずは傷を早く治す微弱電流を流します。

この微弱電流を簡単に説明すると、筋肉を収縮させずに細胞レベルに刺激を与えるんです。

なので患部に直接当てることができます。

あまり刺激を感じませんが非常に強力な電気なのでかなり効果は高いですよ〜!

そして、アイシングをしながら干渉波という電気を流します。

干渉波には筋肉の緊張を緩和させたり、炎症を鎮静させる効果があります。



そして、ここからがほまれ接骨院独特の治療。

それはテーピングです。

もちろん患部にテーピングして圧迫します。

でもただテーピングするだけではありません。

テーピングで皮膚の誘導をするんです。

皮膚の誘導で痛みが減る方向を探して、その方向に誘導するテーピングをします。

ただテーピングをするよりも格段に痛みが減ります。

そして、患部だけではなく足部にもテーピングをするのも特徴です。

歩行・走行・立位時に地面に唯一接地している足。

とっても重要なんです。

足部にアプローチするだけでも他の色んな場所の痛みが取れたりするんですよ〜wink

足部の骨を患者さんにとって良い方向に誘導するという目的のテーピングをします。

ここでは、肉離れをしたふくらはぎの痛みが最も減る方向へ誘導するテーピングです。

これでさらに痛みは減ります。

そして患部の修復もかなり早くなります。



そして、履物の指導や、セルフ管理の指導をします。

この履物も肉離れの早期回復に超重要なのです。

とりあえず、スリッパやサンダルはNGです!!ban

お家で自分で出来るセルフ管理も指導します。

肉離れはリンパのケアをすることで治りが早くなるので、その方法など、お家で簡単にできるセルフ管理です。

ここまで患者さんが協力してくれたら、ほんと〜〜に改善が早くなります。

イコール、復帰が通常より早くなります!shine



怪我の早期回復、早期スポーツ復帰のためにしっかりサポートさせていただきます!

ではでは今日はこのへんで。

ありがとうございましたnote



〜スポーツ専科〜 
 ほまれ接骨院
〒474-0025
愛知県大府市中央町6-74-1
0562-85-2782
 <受付時間>
月・水・木・金 == 13:00〜21:00
火・土 == 9:00〜12:30
   ※日祝祭日は休診

スポーツで痛めた、首・肩・背中・腰・肘・手・股関節・膝・足など体の治療を行います。
目標に向けて、身体の治療、テーピングやサポーター、シューズフィッティングやインソール(機能的中敷)であなたをサポートします。
名古屋市・大府市を始め近隣の市町村(東海市・豊明市・刈谷市・東浦町・安城市・みよし市・豊田市など)より多く方が来院されています。

(ほまれ接骨院オフィシャルサイト)





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30