ほまれ接骨院のスタッフブログ

2015年3月20日 金曜日

自分で出来る正しい靴の選び方!スポーツの怪我は大府市ほまれ接骨院

今日は正しい靴の選び方のポイントをお話します★

シューズ選びの最大のポイントはなんと言っても『踵(かかと)』です!

シューズは踵を基準に設計され作られています。

まず踵をしっかりシューズに固定しなければ正しく履けているとは言えません。

しかし、多くの人はつま先に余裕があるか、足の甲が当たらないかを優先して靴を選んでいます。

まずは踵がしっかり硬い靴を選ぶようにしましょう!

なぜ踵の硬い靴がいいのか?

踵の骨は、歩行や走行を効率よく行える丸い形状になっています。

前に進みやすくできている=縦の動きには強いのですが・・・

踵の骨は後ろから見ると細長い形状です。

そうです。細長い分、横の動きには弱いのです。

この接地した時にグラグラとしてしまう横の動きをサポートしてくれるのが踵の硬い靴なのです!



そしてもう一つは、縦幅と横幅が合っているもの。

みなさん意外に自分が幅広だと思ってるんじゃないですか〜?

靴を履いた状態で紐を思いっきり締めてみてください。

紐がくっついてしまったり、左右がかなり寄って前足部の布がよれちゃう場合は、足に対して靴が大きい状態です。

最初に買う時の状態は、紐を締めた時に左右が寄らないものか、少し広がる位でも大丈夫です。

靴も伸びてきますからね。

最初から⬇️の様な状態で買ってしまうと、靴紐での調整もできなくなっちゃいますので気をつけて下さいね〜



幅が合っていない靴や、靴紐を緩めて履いていたりする事で、魚の目やタコ、巻き爪などの足のトラブルを招くことになります。

靴は、足のトラブルや、様々な痛み、ケガに関わってくる重要なツールです。

正しい靴を履くことで、スポーツでのケガ、日常生活での様々な痛み、足のトラブルを防ぐ事ができるんです!

イコール、合わない靴を履くことで、様々なトラブルが起こりうる事が想像つきますよね?

是非自分の足に合ったシューズを選んで下さい!

自分のサイズがわからない!という方は当院で計測できますのでお気軽にお声かけ下さい!




今回紹介したものは、正しい靴選びのごくごく簡単な方法なので参考にしてみて下さい!



ほまれ接骨院では、アシックス、ニューバランスの靴の販売もしております!
それぞれの患者様に合った靴の選び方や履き方等のアドバイスもしているのでお気軽にご相談下さい( ´ ▽ ` )ノ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30